当会について

令和3年度を迎えて

令和3年度は、我々「臨床検査技師」を取り巻く環境に大きな変革の波がやってくる年度となります。ひとつは働き方改革実行計画に基づき設置された医師の働き改革に関する検討会議において、医師の労働時間短縮に向けた取り組みがまとめられ、「良質かつ適切な医療を効率的に提供する体制の確保を推進するための医療法等の一部を改正する法律案」が令和3年2月に閣議決定し国会に提出されました。法案が成立すれば、臨床検査技師へ移管される業務に対して、「臨床検査技師へのタスク・シフト/シエアに関する厚生労働省指定講習会」を都道府県単位で実施することとなります。

もうひとつは、「臨床検査技師学校養成所指定規則」の一部を改正する省令が令和3年3月31日に公布されました。教育内容の見直しや臨地実習において必ず実施又は見学させる行為を明確に定めるなどの方向性が示され、「臨地実習指導者講習会」が開催される見込みとなっています。

京臨技においては、新型コロナウイルス感染症の収束が見通せない渦中であっても、引き続きWebを活用した研修会開催や第2回京都医学検査学会の開催など、積極的に学術事業を推進して参ります。また、今年度で京都府臨床検査技師会創立70年目を迎えることから「創立70周年記念事業」の準備を進めて参ります。精度管理事業については、引き続き新型コロナウイルスの精度管理実施を検討するなど充実したものとなるように努めます。新入・転入研修会や施設連絡責任者会議など、会員向け事業にも力をいれる所存です。

最後になりましたが、このホームページのリニューアルとデジタル会員証導入も令和3年度の事業となっています。ホームページが会員にとって有用な広報ツールとなるように引き続き充実させていくと同時にメールマガジンやニュースレター発行で、京臨技活動の予定や報告をお知らせして参ります。今年度も積極的に京臨技の活動にご参画いただければ幸いです。会員の皆様におかれましては、ご理解とご支援のほど、どうぞ宜しくお願いいたします。

令和3年5月吉日
一般社団法人京都臨床検査技師会
会長 白波瀬 浩幸

沿革

昭和27年〜昭和36年(1952年〜1961年)

昭和27年7月
京都衛生検査技術者会設立(13人出席、市立中央保健所)
昭和29年6月
京都府衛生検査技師協会と改称(第3回京都支部定期総会;京大微生物学教室)
昭和36年4月
日本衛生検査技師会京都支部と改称(第9回京衛技総会、会員数48 名)

昭和37年~昭和46年(1962年~1971年)

昭和37年4月
第10回日衛技京都支部総会開催(京都府立医大)
昭和39年3月
京都府衛生検査技師協会と改称(第12回京都支部定期総会;第二日赤)
昭和46年4月
臨床検査技師国家試験資格取得指定講習会を京衛技・京都府薬剤師会・京都市獣医師会共催にて開催

昭和47年~昭和56年(1972年~1981年)

昭和47年3月
20周年記念誌「京都府衛生検査技師会二十年の歩み」発行
昭和47年4月
第20回京衛技総会開催(鞍馬口病院)
昭和53年3月
京都府臨床衛生検査技師会と改称(第26回京衛技総会;京都教育文化センター)
昭和53年4月
第27回日本臨床衛生検査学会を担当(会場:京都会館ほか、参加者数:6,161名)

昭和57年~平成3年(1982年~1991年)

昭和57年7月
30周年記念誌「京都府臨床衛生検査技師会三十年の歩み」発行
昭和60年5月
社団法人 京都府臨床衛生検査技師会と改称(社団法人認可)(会員数:531名)
昭和60年12月
第1回京臨技精度管理調査実施(45施設参加)
昭和63年11月
第1回京臨技北部学術発表会開催(会場:舞鶴西総合会館)
平成元年11月
第29回近畿臨床衛生検査学会(会場:京都教育文化センター、参加者数:1,300名)

平成4年~平成13年(1992年~2001年)

平成7年9月
法人化10周年記念行事「式典」「府・市民健康検診フェスタ」開催(京都リサーチパーク)
平成7年12月
法人設立10周年記念特集号(京臨技会誌1995.Vol.22.No.5) 発行
平成8年10月
第36回近畿臨床衛生検査学会を担当(会場:京都府総合見本市会館パルスプラザ)
平成11年12月
第10回京臨技北部学術発表会開催(会場:舞鶴21、参加者数107人)

平成14年~平成23年(2002年~2011年)

平成14年4月
ホームページ開設
平成14年5月
平成14年度(第50回)京臨技定期総会開催(京都アスニ-)(会員数:874名)
平成15年10月
第43回近畿医学検査学会を担当(会場:国立京都国際会館、参加者数:1,377名)
平成15年10月
京臨技設立50周年式典開催(会場:国立京都国際会館)
平成16年10月
第20回精度管理調査実施(83施設参加)
平成17年5月
第54回日本医学検査学会を担当(会場:国立京都国際会館、有料入場者数:3,821名、参加者数:4,524名)
平成17年11月
社団法人 京都府臨床検査技師会と改称(会員数:921名)
平成18年3月
京都府臨床衛生検査技師会「五十年の歩み」発行
平成18年5月
平成18年度京臨技総会開催、会員数:923名、平成17年度学術活動報告(研修会開催回数:59回、のべ参加人数:1,267名)
平成19年3月
川端丸太町事務所開設
平成19年5月
平成19年度京臨技総会開催、平成18年度学術活動報告(研修会開催回数:60回、延べ参加人数:1,502名)
平成21年3月
京臨技精度管理調査の合同報告会を開始
平成21年5月
平成21年度京臨技総会開催、生理検査研究班がA班(心電図、呼吸機能などの波形系)とB班(超音波検査などの画像系)に分かれて活動開始
平成21年10月
第25回精度管理調査(70施設参加)有料化スタート
平成21年11月
第49回近畿医学検査学会を担当(会場:みやこめっせ、参加者総数:1,842名、うち有料参加者数 1,582名)
平成22年2月
第20回京臨技北部学術発表会(会場:舞鶴ベイプラザ、参加者総数:166名、うち技師会員 76名)
平成22年5月
平成22年度京臨技総会開催、会員数:958名、平成21年度学術活動報告(研修会開催回数:84回、延べ参加人数:2,367名)
平成22年12月
日臨技会費の徴収代行終了(京臨技のみ会員の受付け開始)
平成23年10月
ホームページのリニューアル

平成24年~平成30年(2012年~2018年)

平成24年4月
一般社団法人 京都府臨床検査技師会と改称(一般法人認可)(会員数988名)
平成24年5月
一般社団法人 京都府臨床検査技師会第1回(平成24年度)定期総会開催
(平成23年度研修会等開催回数:84回、のべ参加者数:2,533名)
平成26年5月
平成26年度京臨技総会開催 会員数 1,000名(日臨技会員:868名)
※ 京臨技会員が初めて1,000名を超える
平成27年5月
平成27年度京臨技定時総会開催 会員数 1,023名
平成28年5月
平成28年度京臨技定時総会開催 会員数 1,095名
平成29年6月
平成29年度京臨技定時総会開催 会員数 1,068名
平成29年10月
第57回 日臨技近畿支部医学検査学会を担当(会場:国立京都国際会館 参加人数1,507名)
平成30年6月
平成30年度京臨技定時総会開催 会員数 1,105名

令和元年~(2019年~)

令和元年6月
令和元年度京臨技定時総会開催 会員数 1,165名
令和元年8月
川端丸太町事務所閉所し京都保健衛生専門学校内に移転する
令和2年2月
コロナウイルスの世界的な広がりにより第一回 京都医学検査学会の開催を延期
令和2年6月
令和2年度京臨技定時総会開催 会員数 1,188名
令和3年2月
第一回 京都医学検査学会開催(Zoomを用いた事前登録制によるweb開催 参加人数 227名)
令和3年8月
ホームページのリニューアル